「名湯と美景を楽しむ癒しの旅」

新潟県、山形県、秋田県の日本海に面した名湯を巡る3日間のモデルコース。瀬波温泉、湯野浜温泉、象潟温泉のお湯と美しい景観に癒されて、心も身体もリラックスする旅はいかがでしょう。村上市のイヨボヤ会館や笹川流れ、鶴岡市の羽黒山や加茂水族館、にかほ市のにかほっとや九十九島と見所満載の3日間です。

旅程

2泊
3日

1日目

JR東京→村上駅(新潟県)→イヨボヤ会館→笹川流れ→瀬波温泉(宿泊)

2日目

村上駅→鶴岡駅(山形県)→羽黒山→ベジタイムレストラン 土遊農→鶴岡駅→加茂水族館 →湯野浜温泉(宿泊)

3日目

酒田駅→象潟駅(秋田県)→九十九島→にかほっと→道の駅象潟「ねむの丘」で展望温泉に 入る→象潟駅→新潟→東京

1日目

01

イヨボヤ会館

まず村上で訪れたいのが、日本で最初の鮭の博物館「イヨボヤ会館」。村上の鮭の歴史や文化を知ることができます。「イヨボヤ」とは村上地方の方言で鮭を意味します。

美しい景色を楽しむなら遊覧船がおすすめです。約40分の船旅で潮風とカモメの餌付けを楽しみましょう。

02

笹川流れ

「笹川流れ」は日本百景にも選ばれた、全長11km区間の美しい海岸線。

03

瀬波温泉

「日本の夕陽百選」にも選ばれている瀬波海岸。この海岸から見る夕日はまさに感動的です。瀬波温泉は宿泊施設から日帰り温泉、足湯もある湯の街。汐美荘の裏にある瀬波海浜公園には、瀬波海岸に面した足湯があります。お部屋や露天風呂から美しい夕日が望める温泉施設も。夕日を望みながら浸かる温泉や足湯は格別です。

2日目

01

羽黒山

羽黒山は出羽三山(羽黒山、月山、湯殿山)で唯一、一年中参拝できます。羽黒山の参道、一の坂上り口手前にある国宝五重塔は、東北地方では最古の塔と言われています。澄み切った空気と美しい景観の中、随神門から頂上まで全長約1.7km、2446段の石段を登りましょう。参道にある石段には盃やひょうたんなどが全33個の図柄が彫られていて、全てを見つけると願いが叶うと言われています。

羽黒山までの移動手段は、観光タクシー、観光しゃとるバス等、さまざまな⽅法があるので、以下の情報を参考にしてください。
詳細はこちら

02

ベジタイムレストラン 土遊農

羽黒山の麓に位置する「ベジタイムレストラン 土遊農」はまさに野菜のレストラン。メ
ニューは、在来種の新鮮野菜やハーブを使用した日替わりのベジタブルプレート。

03

加茂水族館

クラゲの展示種数世界一を誇る加茂水族館。ゆらゆら揺れるクラゲに癒されること間違いなし。約2 千のミズクラゲが浮遊する「クラゲドリームシアター」は圧巻です。アシカショーやウミネコの餌付けなどのショータイムも楽しさ満載です。

URL  詳細はこちら

アクセス

  • 鶴岡駅よりバス・湯野浜温泉行き(加茂経由) 約30~35分 「加茂水族館」下車すぐ
  • 鶴岡駅よりタクシー 約30分

04

湯野浜温泉

県内有数の温泉リゾート地である湯野浜温泉。良質の温泉と地元⾷材を使った料理、あたたかなおもてなしが⾃慢の宿が海岸沿いに⽴ち並びます。夏は海水浴やマリンスポーツを楽しむ人で賑わいます。

湯野浜温泉観光協会 詳細はこちら

 

3日目

01

九十九島

九十九島は、多くの島々がまるで田園地帯に浮かんでいるように見える景勝地です。歩いて島巡りができる日本唯一の島で、国の天然記念物に指定されています。にかほ市象潟町にある蚶満寺から始まる「島めぐりコース」は、散歩をしながら景色を楽しむことができます。(所要時間約50分)。

また、道の駅象潟「ねむの丘」の6階展望塔から一望するのもおすすめです。無料で利用でき、西に「日本海」、南に「鳥海山」、東に「九十九島」など、にかほ市象潟町の自然を360度眺めることができます。

02

「にかほっと」

道の駅象潟「ねむの丘」に隣接する「にかほっと」は、地元産の新鮮な魚を購入できる直売所や、全席約100席のフードコートがあります。ラーメンや韓国料理、イタリアン、和食など幅広いメニューが揃います。

03

道の駅象潟「ねむの丘」

象潟温泉は、日本海と鳥海山を望む雄大な温泉郷。道の駅象潟「ねむの丘」にある日帰り入浴施設「眺海の湯」で旅の最後を締めくくります。「眺海の湯」は4階にあり、日本海を一望できる絶好のロケーション。海に近いため泉質に塩分を含んでおり、美肌効果も期待できます。旅のラストにゆったりしたひと時を過ごしましょう。

エリアマップ