「極上の田舎体験を満喫」
(戸沢村・庄内町・三川町編)

旅程

2泊
3日

山形県戸沢村・庄内町・三川町を巡る3日間。最上川の上流に位置する⼾沢村では、最上川舟下りやそば打ち、農家⺠泊を体験。庄内町では、⽼舗の醤油屋を見学し、クラッセでグルメを堪能しましょう。庄内平野の米どころ三川町では、田園風景の中にある「田田の宿」に宿泊。映画「おくりびと」のロケ地にもなった古⺠家「アトク先⽣の館」にも立ち寄ります。自然、食、歴史、温泉…田舎ステイで癒しの時間をお愉しみください。

1日目

JR東京駅→JR新庄駅→JR古口駅(戸沢村)→そば打ち体験→最上川舟下り→戸沢のぼたも ち→農家民泊

2日目

JR古口駅(戸沢村)→JR余目駅(庄内町)→レンタルサイクル(または徒歩・タクシー) →ハナブサ醤油→クラッセ→余目駅→鶴岡駅→三川町(バス)→大井餅や→田田宿泊(三川 町)

3日目

アトク先生の館(三川町)→(バス)JR鶴岡駅→FOODEVER→JR新潟駅→JR東京駅

1日目

⼭形県最上郡⼾沢村へは、新庄駅で乗り換え、JR陸羽西線の古⼝(ふるくち)駅にて下⾞します。

01

そば打ち体験

舟下りの出発点であり、そば打ちの体験施設がある戸沢藩船番所までは、古口駅から徒歩約5分。舟下りの前にそば打ち体験をしてみませんか。粉練りからそば切りまで丁寧に指導してくれるので、初めての方でも安心。自分で打ったそばは格別です。

アクセス 古⼝駅から徒歩5分
住所 〒999-6401 山形県最上郡戸沢村大字古口86-1
体験費 一人2,000円(2名より)
予約 3日前まで
URL 詳細はこちら

02

最上川舟下り

最上川が流れる、古川~清川までの区間の峡谷は「最上峡」と呼ばれています。雄大な自然の中、船頭の舟歌を聞きながら最上峡をゆっくりと下る舟下り。女性の船頭さんもいらっしゃいます。年間を通して運行しているため、四季折々で彩りを変える自然の姿を楽しめます。

乗船航路 古口港(戸沢藩船番所) → 草薙港(川の駅・最上峡くさなぎ)
住所 山形県最上郡戸沢村大字古口86-1
運行時間 約12kmを約1時間かけて、最上峡をゆっくり下って行きます。
営業時間 4月~11月 8:30~17:00、12月~3月 9:00~16:30
定休日年中無休

03

戸沢のぼたもち

戸沢産のお米を使用したぼたもち専門店「戸沢のぼたもち」。あんこ・きなこ・ごまの3種類のぼたもちを販売しています。テイクアウトはもちろん、店内で食べることもできます。

住所 山形県最上郡戸沢村古口374
営業時間 8:30~17:30
定休日 月曜

また農家⺠泊では季節ごとに山菜採り、トレッキング、稲刈り、野菜の収穫、雪かきなど様々な体験があるのも魅力的です。

⼾沢村の農家⺠泊情報  詳細はこちら

04

農家⺠泊

⼾沢村での宿泊は「農家⺠泊」がおすすめ。「⺠泊」というより、久しぶりに田舎に帰ってきて親戚のおじさんとおばさんの家にお世話になる、という雰囲気を味わえます。農家民泊でいただける旬の食材を使った郷土料理も楽しみの一つ。

2日目

JR古⼝駅から陸⽻⻄線でJR余目駅へ。天気の良い日は余目駅前にある無料の観光レンタサイクルを使って、町を散策するのもおすすめです。

01

ハナブサ醤油

1823年創業の⽼舗の醤油屋。醤油や味噌、しょうゆの実などを製造販売しています。店頭販売もしており、庄内の懐かしい味としてお⼟産にもぴったり。蔵の⾒学のほか、四季の趣のある庭園も見ごたえがあります。

住所 山形県東田川郡庄内町余目字町161
アクセス JR余目駅から徒歩15分
蔵見学 要予約
URL 詳細はこちら

ランチにはイタリア料理店「アル・ケッチァーノ」の奥田政行シェフが監修するレストラン「やくけっちゃーの」がおすすめ。庄内産の野菜や庄内豚、山形牛などを使ったメニューが楽しめます。

02

庄内町新産業創造館クラッセ

JR余目駅前にある「クラッセ」は、米倉庫を活用した観光の拠点施設。

03

大井餅や

地元で長く愛されるお餅屋「大井餅や」。草餅やとち餅、大福といった餅や、赤飯を販売しています。

また店内にある甘味処では汁餅(雑煮)やおしるこ、ぜんざいが食べられます。ふわふわ柔らかなお餅が入った汁餅やおしるこをセットで味わってみては?

住所 山形県東田川郡三川町大字横山字横山220
営業時間 9:00~17:00【甘味処】11:00~15:00
定休日 月曜日

落ち着いた雰囲気の部屋と、源泉掛け流しの温泉で、のんびり旅の疲れを癒しましょう。1泊2食付きのプランがおすすめで、夕食も施設内でいただけます。

URL 詳細はこちら

04

田田の宿

宿泊施設「田田の宿」は、全ての部屋が庭園に面した一戸建て風の造り。宿泊者専用の入浴施設の他、併設されている 「なの花温泉 田田」も無料で利用することができます。

3日目

01

アトク先生の館

昭和3年(1928)に完成した「アトク先⽣の館」は、大正ロマンの趣きある威風堂々とした建物。アカデミー賞を受賞した映画「おくりびと」のロケも行われました。春になると数十種類の野草が花が咲く庭園も見どころです。

開館 1月4日~12月28日 9:00~17:00
休館 毎週月曜
邸宅と庭園の入場は無料

URL  詳細はこちら

そんな鶴岡の食を体感できる飲食店やフードコートがあるFOODEVERでランチをしましょう。お土産品もこちらでゲットできます。

02

FOODEVER

日本で唯一「ユネスコ食文化創造都市」に認定されている山形県鶴岡市。

レンタカーを使うなら以下のコースもおすすめ(レンタカー乗り捨てプランを利用)

1日目
JR東京駅→JR新庄駅(ここでレンタカーを借りる)→そば打ち体験→最上川舟下り→戸沢
のぼたもち→農家民泊

2日目
戸沢村→ハナブサ醤油(庄内町)→クラッセ→大井餅や→ 田田(三川町)宿泊

3日目
アトク先生の館→やさいの荘の家庭料理 菜ぁ→鶴岡駅(レンタカーを返す)
→FOODEVER→新潟→JR東京

レンタカーを利用するなら、3日目のランチは鶴岡市にある「やさいの荘の家庭料理 菜ぁ」
がおすすめ。

01

やさいの荘の家庭料理 菜ぁ

築120年を超える古民家を改装した農家レストラン。自家菜園でとれた旬の野菜と、庄内の魚やお肉を取り入れたメニューを楽しめます。

お米は自家製の有機栽培米で、白米と玄米から選べます。

エリアマップ